衆院選の前に考える事

今年8月に成立した社会保障・税一体改革関連法の柱は、消費税率を平成26年4月に
現在の5%から8%、27年10月に10%へ引き上げることです。
消費税増税は高額品ほど影響を受けやすいので、サラリーマンは人生最大の買い物と
いえる住宅購入を、増税前にしようと動いています。

また自動車購入を検討する方も増えているとか。
こういった増税前の駆け込み需要に期待を寄せる会社は多いでしょうが、増税後に反動で
売り上げが落ち込むことが考えられます。

木曜日, 10月 9th, 2014 未分類

コメントはまだありません。

コメントする